院内感染対策の取り組み

歯科治療では歯を削る、神経を抜くなど口の中を細部にわたり治療を行います。完璧に治療を行ったとしても治療器具などが汚れていたら、菌が付着したり、病気に感染したりする可能性が高まります。

安心・安全で診療を受けていただくために、氷川デンタルクリニックでは、器具の清潔さを保つためにヨーロッパ規格EN13060の最高基準「クラスB」の条件を満たした、高性能を誇る高圧蒸気滅菌器を使用し歯科治療に使う全ての器具の滅菌・消毒を行います。滅菌器内で真空と蒸気の注入を交互に繰り返し行い、そして歯を削るタービンやハンドピース内部の中腔パイプ内の残留空気を抜き、蒸気を細部まで行き渡らせることで滅菌処置を行います。

当院では通常行われる滅菌よりもワンランク上の滅菌を行っております。これにより患者様は、より感染しにくい環境で治療が受けられます。
インプラントや小手術においても、滅菌のレベルは口腔内の環境に大きく影響するため、非常に重要です。何よりも「院内感染予防」の質が大きく上がります。

滅菌レベルに応じて2種類の滅菌器を使用し、診療中も常に歯科衛生士が「器具の分別・洗浄」→「個包装」→「クラスごとの滅菌」→「保管」を行ってます。滅菌した後も器具の保管をしっかりとしていなければ、意味がありません。当院では器具の管理・滅菌工程も歯科医師と歯科衛生士が常に気を配りながら、患者様の診療に従事しております。

▲TOPへ戻る